夷隅小学校で授業

小学校認知症

夷隅小学校で認知症サポーター養成講座実施

令和2年2月12日(木)夷隅小学校にて認知症サポーター養成講座を行いました。
いすみ苑の職員5名、いすみ市役所より2名の7名で伺い午後の授業の時間で、小学生認知症サポーター養成講座と介護体験教室を行いました。
認知症サポーター養成講座では、まず、頭の体操で体を動かしながらアイスブレイク。続いて認知症の症状や接し方等について、パワーポイントを用いて説明を行いました。
その後は、体育館へ移動し高齢者疑似体験・車いす体験を行いました。高齢者疑似体験では思うように体が動かなくなり目も不自由になった状況で歩くことを、車いす体験では、実際に車いすに乗ってみたり坂道や段差の介助方法などを体験していただきました。

最近の投稿

PAGE TOP